​流祖 上泉伊勢守信綱

新陰流流祖の上泉伊勢守秀綱(後、信綱)は、足利時代末期の永正5年(1508)、上州の上泉城主の家に生まれた(群馬県前橋市上泉)。一族の先祖は藤原秀郷といわれるが、秀郷の子孫で大胡(群馬県勢多郡大胡町)に住した大胡一族があり、その一族より上泉に移り住んだ上泉勝俊が伊勢守の直接の祖先にあたる。
 絶え間なく続く戦乱の世、伊勢守は戦国武将の子たるべく、幼き頃より兵法・兵術の修行に励む一方、兵学にも励み、さらには高僧より禅の提要をも受けたといわれている。また小笠原武勇入道氏隆より軍法軍敗の相伝を受けるなど、若くして大兵法家の名を轟かせた。

 兵法(剣術)は、当時の主流であった念流・神道流・陰流をはじめ諸流を学び、特に陰流の祖 愛洲移香斎【あいすいこうさい】より極意を授かり、人性に自然・自由・活発なる「轉之道」を抽出し、日夜鍛煉工夫の末、新陰流を大成した。また、日本の竹刀の第一号となる「韜【ふくろしない】」を発明した。これにより、実打し、さらに怪我の心配なく稽古することを可能にした。

 戦国武将として箕輪城主長野氏に属していた伊勢守は、武田信玄により箕輪城が落城さるるのを機に、新陰流弘流のため廻国の旅に出る。大和柳生の庄に於いて柳生宗厳【やぎゅう むねとし】に印可相伝。上洛の際はその兵法を将軍足利義輝に上覧し「天下一」の感状を贈られたり、従四位下に叙せられるなど剣術家中最高の栄誉を得る。

新陰流兵法の教習

新陰流兵法(しんかげりゅうひょうほう)は、流祖上泉伊勢守信綱(かみいずみ いせのかみ のぶつな)が戦国の世に創始した日本剣術の代表流派である。上泉伊勢守は、日本剣術の三大源流と呼ばれる念流・香取神道流・陰流を学び、特に陰流より「転(まろばし)の道」を抽出し、新陰流とした。新陰流の剣は心技において構えを無くし、攻めと守りを一つにした「無形」を極意とする。これらは相手を威圧して斬る「殺人刀」に対し、相手に技を出させて勝ちを取る「活人剣」として、対手を大いに働かせ、自らは「居ながらにして勝つ」妙技である。

 新陰流轉堂では、新陰流の身体の使い方、自然と一致した体捌き、「体術的」な變化に特化し、とくに奪刀法(無刀捕り)を主軸に教習する。その上で、新陰流刃物闘技剣術を参学圓之太刀から奥義之太刀まで正しく教習する。

氣樂流兵法の教習

伊勢崎藩のお家芸であった氣樂流柔術は、戸田流・気楽流・無敵流の三流を総称した流派名である。始祖は、上泉伊勢守信綱(新陰流)および、上泉伊勢守の門弟である疋田豊五郎(疋田陰流)。流祖は、戦国末期に活躍し、その名を轟かせた「名人越後」こと戸田越後守(戸田流)である。戸田越後守は前田利家に仕えた。戸田流は剣術・槍術・長巻術を伝えたが、第六代の渡辺杢右衛門が氣樂流を創始し、更に第11代の飯塚臥竜斎が十数流学んだ中から無敵流(上州の新陰流)を加え、氣樂流柔術と称し、現在に伝える。氣樂流柔術は「臨機の闘法」といわれ剣・棒・鎖鎌・契木・鉄扇・両分銅・長巻等の武器を使用し、更には組み討ち技として投技・関節技・締技・当身技等がある。

 新陰流轉堂では、柔術基本七手・表三十五手・奥十三手、棒術十本、太刀三本、鎖鎌五本、乳切木十本を主に教習し、それが具体的実践の中で、どのように扱われるべきなのか、その術理がどのように人生の質を高める可能性を秘めているのかを研究し、検証する。

兵法虎士流の教習

兵法虎士流(ひょうほうこしりゅう)は、上州に伝承された新陰流と氣樂流に加え、琉球唐手術の柔(やわら)をのエッセンスを抽出した総合格闘術である。古来、柔術は重術とも言われた。柔とは武器を持たない近接格闘技を示すが、得物を使用しない戦法であるが故、一撃で相手を仕留めるというものではなく、打・投・極の一つひとつの技が際限なく折り重なりながら、やがて雪崩のように大きな力となって対手を制する、という小兵法である。その心法においても、そのような小事の積み重ねが大事へと導き、やがては高尚な人格へと導かれるものである。

​ 新陰流轉堂では、初伝として唐手勢法(突き・蹴り・崩しによる五勢法)から始まり、中伝として柔勢法(投・極・絞による五勢法)、奥伝として虎士勢法(秘術による五勢法)と教習する。競技としての総合格闘技のベースを成すのは、戦国期による甲冑戦・介者体術の技術体形を学ぶ為であり、乱取りによって研究し検証する。